温泉のpH

温泉情報〜中部(甲信越・北陸・東海)版〜
当サイトでは、温泉に関する情報を旅・宿選びにつながるように、分かりやすくまとめてみました。温泉情報〜中部(甲信越・北陸・東海)版〜です。まずはその温泉の予備知識を持って、訪れる温泉や宿を決められてはいかがでしょうか。県名と50音から探すことができます。旅や湯治の準備に少しでもお役に立てればと思っております。
スポンサードリンク

温泉情報〜中部版〜TOP

温泉のpHによる分類

温泉は湧き出した時のpH(湧出口での源泉のpH)によって次のように分類されます。
pHの数字が小さい(pHが低い)ものを酸性、pHの数字が大きい(pHが高い)ものをアルカリ性(塩基性)とよび、酸性の温泉は身体への刺激が強く殺菌効果があり、アルカリ性の温泉は美肌効果があるとされ女性に好まれています。


・ph が 2未満       強酸性泉
・ph が 2以上4未満   酸性泉
・ph が 4以上6未満   弱酸生泉
・ph が 6以上7.5未満 中性泉
・ph が 7.5以上9未満 弱アルカリ性泉
・ph が 9以上      


アルカリ性泉 アルカリ度が高まると、ヌルヌルしてお肌に気持ちがいい感じがします。
ちなみに、日本一アルカリ度が強い温泉は神奈川県の中川温泉といわれ、pHが10.3だということです。反対に酸性度が強い温泉は、秋田県の玉川温泉(焼山温泉)で、pHが0.4の強酸性泉です。

スポンサードリンク

県名でさがす
甲信越
新潟県の温泉1 新潟県の温泉2 新潟県の温泉3 新潟県の温泉4
長野県の温泉1 長野県の温泉2 長野県の温泉3 長野県の温泉4 長野県の温泉5
山梨県の温泉1 山梨県の温泉2
北陸
富山県の温泉1
石川県の温泉1 石川県の温泉2
福井県の温泉1
東海
岐阜県の温泉1 岐阜県の温泉2
静岡県の温泉1 静岡県の温泉2
愛知県の温泉1
三重県の温泉1

50音でさがす
50音温泉検索
温泉って?

温泉とは

温泉の温度
による分類


温泉のpH
による分類


温泉の浸透圧
による分類


温泉の成分(泉質)
による分類


泉質別特徴と効能

単純温泉

塩化物泉

炭酸水素塩泉

硫酸塩泉

二酸化炭素泉

含鉄泉

酸性泉

硫黄泉

放射能泉

温泉で気をつけること

禁忌症と注意点





自己紹介

リンク集

リンクについて





温泉豆知識

温泉卵
   
湯の花

外湯

効能 腰痛
※上記詳細情報は変更されることがあります。 お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。 少しでも旅や湯治の参考になればと思い作成しておりますが、情報はあくまでも参考程度に留めて頂き、 ご利用者ご自身で事前にご確認下さい。尚、掲載情報の内容により、いかなる不具合が生じても一切の責任は負わないものとします。 予めご了承下さい。


Copyright (C)  温泉情報〜中部(甲信越・北陸・東海)版〜 All Rights Reserved