温泉の効能 腰痛

温泉情報〜中部(甲信越・北陸・東海)版〜
当サイトでは、温泉に関する情報を旅・宿選びにつながるように、分かりやすくまとめてみました。温泉情報〜中部(甲信越・北陸・東海)版〜です。まずはその温泉の予備知識を持って、訪れる温泉や宿を決められてはいかがでしょうか。県名と50音から探すことができます。旅や湯治の準備に少しでもお役に立てればと思っております。
スポンサードリンク

温泉情報〜中部版〜TOP

温泉の効能 腰痛


温泉豆知識


― 温泉の効能 腰痛 ―

温泉で腰痛を治すという事はどうでしょうか。温泉によって、最も効果が得られるのは肉離れなど筋肉性の腰痛に対してでしょう。ただ、骨に関する腰痛の場合も症状が緩和することがわかっています。

温泉やあるいは普通の入浴にしても、患部を温めることによって「温熱効果」が得られ血液の流れが良くなり、水中での筋肉の弛緩が期待できます。また、痛みが和らぎ精神的にもリラックスします。

腰痛に効果があるといわれている温泉は全国にあり、例えば北海道では阿寒湖温泉、登別のカルルス温泉、函館の湯の川温泉などが有名です。雄大な自然のなかでおいしい食事も堪能し、ゆったりとした時間の中で腰痛を温泉で治すのは精神面からみても理想的かもしれません。

湯治には、短くても10日から二週間程度かかります。湯治の最初の頃と最後の頃には一日にニ、三回程度の入浴にとどめ、湯治の中頃では一日に三、四回程度の入浴を心がけましょう。もちろん、空腹時や満腹時の入浴は避けるのが基本です。また、せっかくの温泉だからといって、一日にあまり何度も入浴すると、腰痛が改善するどころか体調を崩してしまうことになりかねません。何事も適量、適度であることが肝心です。

温泉には入った後はもちろん、入る前にも水分を充分に摂り、脱水症状を起こさないように気をつけましょう。一回の入浴の時間としては、20分くらいが適当です。長く浸かればいいというものでもありません。我慢せずのぼせないうちに上がりましょう。湯温が高いと感じた場合は、肩まで浸かるのは短い時間にして、足湯のように浸かる方法をとりましょう。時々かけ湯をするなどして、足湯でも上半身が冷えずに済むようにします。

お風呂上りはくれぐれも体を冷やさないように注意し、できれば布団に横たわって、安静にしていましょう。21時頃に入浴してから就寝するのが効果的です。

スポンサードリンク

県名でさがす
甲信越
新潟県の温泉1 新潟県の温泉2 新潟県の温泉3 新潟県の温泉4
長野県の温泉1 長野県の温泉2 長野県の温泉3 長野県の温泉4 長野県の温泉5
山梨県の温泉1 山梨県の温泉2
北陸
富山県の温泉1
石川県の温泉1 石川県の温泉2
福井県の温泉1
東海
岐阜県の温泉1 岐阜県の温泉2
静岡県の温泉1 静岡県の温泉2
愛知県の温泉1
三重県の温泉1

50音でさがす
50音温泉検索
温泉って?

温泉とは

温泉の温度
による分類


温泉のpH
による分類


温泉の浸透圧
による分類


温泉の成分(泉質)
による分類


泉質別特徴と効能

単純温泉

塩化物泉

炭酸水素塩泉

硫酸塩泉

二酸化炭素泉

含鉄泉

酸性泉

硫黄泉

放射能泉

温泉で気をつけること

禁忌症と注意点





自己紹介

リンク集

リンクについて





温泉豆知識

温泉卵
   
湯の花

外湯

効能 腰痛
※上記詳細情報は変更されることがあります。 お出かけの際は各自治体観光課や主催者へお問い合わせください。 少しでも旅や湯治の参考になればと思い作成しておりますが、情報はあくまでも参考程度に留めて頂き、 ご利用者ご自身で事前にご確認下さい。尚、掲載情報の内容により、いかなる不具合が生じても一切の責任は負わないものとします。 予めご了承下さい。

[PR] 開運 相談 住まいと生活&DIY

Copyright (C)  温泉情報〜中部(甲信越・北陸・東海)版〜 All Rights Reserved